半導体発熱素子事業

2019-12-09
カテゴリトップ>イームズ>ファイバーグラスアームシェルチェア>DFAW>メープル
イームズ ファイバーグラスアームシェルチェア DFAW パーチメント クロームベース メープル[DFAW. 47 UL 111 E8]【Herman Miller ハーマンミラー 正規品】

イームズチェアと合わせて使いたい
ミッドセンチュリー デザインクッション
ミッドセンチュリークッションカバー

2014年10月に追加となった、イームズシェルチェアの新しいベースバリエーションです。
1950年代に安価で量産できる、そして軽量なデザインを目的とし製作されたこのイームズシェルチェアは、当時から若い家族に大人気!世界中で親しまれる名作として今も尚、不動の人気アイテムです。
VANILLAオリジナルのイームズシェルチェア用シートパッドもおすすめします。

注目のキーワード

イームズ ハーマンミラー イームズチェア イームズチェアー デスクチェア デスクチェアー 送料無料 送料込み いす 椅子 イス チェア チェアー スタイリッシュ かっこいい デザイン おしゃれ オフィスチェア オフィスチェアー パソコンチェア パソコンチェアー OAチェア パーソナルチェア シェルチェア アームチェア アームシェル シェルチェア クッション ランキング 人気 おすすめ 学習 勉強

イームズファイバーグラスシェルチェア復活

温故知新

イームズシェルチェア復刻の背景

例えるならスニーカーと革靴

ポリプロピレン×スニーカー、ファイバーグラス×革靴

現行とヴィンテージとの比較

ファイバーグラスシェルチェアは現行のポリプロピレン製やヴィンテージとどう違うのか。誰もが気になる疑問ではないでしょうか。今回はいわゆる2ndと呼ばれる中期タイプのヴィンテージと、言うなれば4thとなるポリプロピレン製とでその比較をしてみます。(ファイバーグラスシェルチェアは5thと呼ばれるかもしれません。)

素材

まずポリプロピレン製は一目瞭然。
ヴィンテージとファイバーグラスシェルチェアは似た表情を見せています。ただヴィンテージ同様、ファイバーの見え方はカラーによって異なります。ファイバーが目立つ順に、ネイビー、シールブラウン、ブラック、レッドオレンジ、グリーンとなります。

現行×ヴィンテージ×ファイバーグラスシェルチェア

ベース

ヴィンテージの場合、オリジナルのベースは非常に少なく、国産のレプリカを付けるのが一般的です。稀に当時のベースもありますが、劣化がひどく座ることをためらうようなものがほとんど。
一方、ファイバーグラスシェルチェアは現行と同じハーマンミラー社製の新品です。見た目に大きな違いはありませんが、やはり純正の方が気持ちがいいものです。5年間のメーカー保証が付きますので安心して普段使いができるのが大きなメリットです。

マウント

シェルとベースを繋ぐマウントはこのチェアの命と言っていい部分であり、最も経年劣化が起きやすいパーツとも言えます。そのため、ヴィンテージのほとんどは新しいものに付け替えられています。
ベース同様当時のマウントのままのタイプもありますが、ヒビ割れなどの劣化が激しいのが現実。
現行はシェルと同素材の一体型となっています。

ベース

ファイバーグラスシェルチェアのマウントはヴィンテージ同様ゴム製。ここにも進化があり、前後で直径が異なります。前後のマウントにどんな力が加わるのかを考慮しています。
さらに、後ろ側のマウントには角度がついており、これも引っぱられる力による剥がれ対策と思われます。シェル側のマウントの貼付け部が隆起しているのもこれまでにない仕様です。

単に初期の見た目に合わせただけでなく、様々な問題を解決した新しい仕様は、ハーマンミラーのコンセプトである「問題を解決するためのデザイン」を象徴しているかのようです。

エンボス

本物かどうかを一目で伝えてくれるシェル裏側のエンボスロゴ。ヴィンテージに関しては年代によって数種類存在します。ファイバーグラスシェルチェアのエンボスは現行と同じものとなります。
左からハーマンミラーのロゴ、イームズオフィスのロゴ、チャールズイームズのサイン。最も理想的な本物の証しと言えるでしょう。

ベース

ファイバーグラスシェルチェアにはエンボスの他にもラベルがあります。
MADE IN USAの文字や正確な品番、生産年月日が記されております。
※これは商品の仕様ではないため予告なく変更される場合もございます。

フォルム

現行との大きな違いの1つにシェルのフォルムがあります。
ファイバーグラスシェルチェアはヴィンテージに近いフォルムで、現行よりも反りが深いのが特徴です。素材の特徴に合わせた形状となります。

現行と比較すると座面の幅が約2cm広くなり、先端部分の形状もフラットに近い形になりました。ヴィンテージに近いフォルムです。どちらが座りやすいかというのは好みの問題になると思います。
現行は素材の柔軟性を活かしたフィットするイス、ファイバーグラスシェルはヴィンテージの問題点を解決しイームズのデザインを忠実に再現したイスと言えるでしょう。

ヴィンテージのような風合い

イームズファイバーグラスシェルチェア

大切なのはともに成長すること

商品スペック・納期

サイズ幅62.5 奥行60.0 高さ80.5cm
座面高:41.5cm(先端部約45.0)
素材シェル:ファイバーグラス
ベース:スチール(トリバレントクローム仕上げ)
ベースウッド:メープル
納期
その他ハーマンミラー社の正規商品です。
5年間の保証が付きます。

4脚でシートパッドプレゼント

Herman Miller ハーマンミラー 社正規品
価格
117,720円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
メーカー取寄品:19〜20週間で当店に入荷
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

半導体発熱素子。それは全く新しい熱源体。

  • 圧倒的な省電力
  • 高い安全性
  • 高い耐久性
  • 電磁波ゼロ
  • 地球環境保護への貢献

高い安全性と圧倒的な省電力

半導体発熱素子は、他の熱源体とは異なり、発熱時に自己発火しないことが認められています(※)。
そのため、例えば電気毛布に組み込んだ素材が燃えてしまい、事故につながるというようなことは起こりえず、安全性の高い素材であるといえます。また半導体発熱素子は、設定温度を自己管理する特性を持っており、周辺温度(外温)と事故発熱温度との差をフィルム自身が管理し、同時に、放熱により変化する周辺温度を感知して、常に一定温度差をキープすることができます。これは過昇温防止機能と呼ばれ半導体発熱素子ならではの機能です。

また、半導体発熱素子は、他の熱源体と比較しても圧倒的な省電力を実現しています。その能力は、ニクロム線などの従来品と比較した場合、約5分の1にまで削減することが可能です。応用製品の可能性は非常に広く、例えば、冬に最適なホット手袋や膝掛け毛布などの簡単な暖房グッズなら、たった単三電池2本(3V)で作ることができます。また、通常は大量の電力を消費してしまう床暖房でさえ、その消費電力を約10分の1にまで削減することができます。さらには突入電力がないため、製品化した際の消費電力設計に非常に有効です。
※ 社会法人日本鉄道車両機械技術協会による鉄道車両用材料燃焼試験をクリアしています。( 試験番号: 車材燃試15-259K)

  • 設定温度と昇温速度の関係図
  • 設定温度と昇温速度の関係図

高い耐久性

PTCやニクロム線などで懸念される”発熱性劣化”についても、半導体発熱素子ならまったく心配いりません。なぜなら、素材である半導体は半永久的に使用が可能であり、経年劣化しないという特徴を有しているためです。

電磁波ゼロ

半導体発熱素子は、発熱時に電磁波を出さない(※)という特徴を有しています。そのため、近年問題視されている電磁波の人体への影響について、優位性を保持しているといえます。 ※ 地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター(試験番号:15産技術(技評)子第28号)

地球環境保護への貢献

半導体発熱素子を、あらゆる製品に組み込んだ際に見られるコスト削減効果はもちろん、半導体発熱素子が有する特性は、小さなエネルギーで大きな効果を生み、不燃性を有し、高い耐久性を兼ね備えているという点で、「環境配慮型の素材」といえます。商品開発において、ますます重要視される地球環境保護の観点からも、高い付加価値を有しているといえます。

S
S